認定NPO法人 演劇倶楽部『座』

ー日本の美しいことばと姿と音楽とー

「鶴八」群舞カバー用

HOME ≫ 公演案内 ≫

公演案内

「浜田広介童話集」舞台映像配信!

今、この声に耳を傾けたい 
「ひろすけひらがな童話集」

 

11月17日に上演した「浜田広介童話集」
舞台収録映像を
下記の期間配信いたします。

2020年12月10日(木)から
2021年1月10日(日)24時まで


視聴料金:2,000円

視聴期限:購入日から1月10日(日)24時〈1/11(月)0:00〉まで


視聴方法 
※配信は【Vimeo】を使用しております。
※「浜田広介童話集」の画像をクリックすると、Vimeoの配信ページが開きます。
※パソコン、タブレット、スマートフォンで視聴可能です。
※配信ページで予告動画が再生できるか確認してから購入してください。
※購入には【Vimeo】のアカウントを作成する必要があります。
※今後も、このシステムを使って舞台映像等を配信していく予定ですので、アカウントを作成して頂ければ嬉しいです。



ひろすけ童話の傑作『泣いた赤おに』はご存知でしょう?

実はこれは、昭和の初期(1933年・昭和8年)に浜田広介が小学校2年生の子供たちのために書いた『動物3部作』の中のひとつです。3つの美しい物語の主人公は、狐と鬼と龍。

「おばあさんをいたわるきつね」
「人間と友だちになりたい赤おに」
「『悪者』にされて人間を恨んでいるりゅう」

この3部作を、原文のまま「立体リーディング」で上演致します。
作曲・演奏は和楽器奏者・木村俊介さん。

80年以上前に書かれたこの作品集は、とても優しく静かなことばの中に、今日の「差別」「いじめ」の問題を想起させる深いテーマをはらんでいます。

浜田広介の静かな「祈り」に、今もう一度、耳を傾けてみませんか?

 
収録日 2020年11月17日(火)17時の回
収録会場 Tokyo Concerts Lab. (トウキョーコンサーツ・ラボ

[アクセス] 
・東西線「早稲田駅」下車徒歩6分
・副都心線「西早稲田駅」下車徒歩10分
・JR山手線・西武新宿線 「高田馬場駅」下車(早稲田口BIGBOX側)~都バス「西早稲田」下車徒歩2分。
配役


「ある島のきつね」
・きつね  佐藤友佳子
・おばあさん 鈴木慎平
・語り   景山仁美・平野夏那子

「泣いた赤おに」
・赤おに  相澤まどか
・青おに  森一馬
・きこり  久瀬秋一・金子三輪郎
・村人たち 平居正行・平野夏那子・佐藤友佳子・中庭鳳志
・語り   壤晴彦・平野夏那子・金子三輪郎

「りゅうの目のなみだ」
・少年   上路りさ
・おかあさん 景山仁美
・りゅう  壤晴彦
・町の人  金子三輪郎・中庭鳳志
・語り   鈴木慎平・平居正行・久瀬秋一

【演奏】木村俊介(和楽器)
 

スタッフ 作     浜田広介
構成・演出 壤 晴彦
振付    林 千永
舞台美術  大田 創
音響    藤平 美保子(山北舞台音響)
照明    塚本 悟
舞台監督  杉原 唯史(加藤事務所)
演出助手  金子 三輪郎
制作    相澤 まどか
映像収録・編集 ヤン・カワモト
※文化庁・文化芸術活動の継続支援事業

壤晴彦×浜畑賢吉 対談(2014年「お江戸みやげ」初演時収録)

壤晴彦×西川啓光 対談(2017年「殺陣師段平」アフタートーク収録)

ご予約・お問い合わせ

NPO法人 演劇倶楽部『座』

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-9-11
アルメリア新宿1F

TEL.03-6431-0377

FAX.03-6431-0378


新宿三丁目駅 C7出口から徒歩約7分