NPO法人 演劇倶楽部『座』

ー日本の美しいことばと姿と音楽とー

HOME『座』活動日記 ≫ 座シェイクスピアで『仮名手本忠臣蔵』を上演することについて ≫

座シェイクスピアで『仮名手本忠臣蔵』を上演することについて

演劇倶楽部『座』の主催する通年ワークショップ「座・シェイクスピア・DRAMA SHIP」の年度末発表公演『尺には尺を』(エコー劇場・4回公演)が大好評のうちに終了致しました。
冗長な展開・台詞に容赦なくハサミを入れ、大胆な意訳とキャクター設定により、これまで「暗い喜劇」と呼ばれて来た作品が一転、躍動的でスッキリとしたコメディに‼️
50代〜70代の出演者達も夫々的確に役割を演じ分けて作品に生命を吹き込み、15年目という節目の公演を見事に成功させました。

さてその「座・シェイクスピア」が本年度挑戦する作品は、なんと・・

『仮名手本忠臣蔵』‼️

皆さんご存知でしょうか?
今後この国の国語の授業から「古典」が消えるということを。

『口語文‥その形と整いの規範は文語文にある。すなわち口語文とはあくまでも文語文のくづれ、ないし変奏に他ならないのである。』(丸谷才一)

フランスでは幼稚園児が国民的劇作家・ラシーヌを暗唱し、イギリスでは学生を追い回してでもシェイクスピアは教えます。
言語は民族の精神と感性の礎(いしずえ)であるからです。

しかるに日本という、自国の伝統に見事なほど無関心なこの国では、かつて世代を超えて歌い継がれて来た童謡や唱歌を教科書から削除し、今度は遂に、古典教育の放棄という、暴挙の果ての暴挙、これ以上は考えられない愚行を行おうとしているのです。

「言葉」と「精神」は国家を活かすエネルギーの最たるもの。
現代ではその言葉と精神が枯れに枯れ、痩せ衰えて、政治の現場まで貧血状態じゃありませんか。
かつて「極めて優秀にして勤勉」と言われた日本人の面影は今は無く、このままでは車のタンクに穴が開いたようにガソリンは全て流れ落ち、誰かに牽引してもらわねば前に進むこともままならぬ、風体ばかり大きい「脱け殻国家」に成り果てるでしょう。

そして、これから行われるであろう国語教育(酷語教育)を受けた世代とは源氏物語も枕草子も平家も兼好も芭蕉も近松も、つまり祖国の「文化的伝統」については共通項もなく、何一つ語り合えなくなる‥そうですよね?
それでも、いいんだ‥よね!?
民族としては、あり得ないし、すごく悲しい、淋しい、情けない事なんだけど‥多分、あんた達‥平気‥なんだよね⁉️

「酷語」推進関係者さんよ、あんたら、例えば山本夏彦さんの『完本・文語文』。丸谷才一さんの『日本語のために』、藤原正彦さんの『国家の品格』『祖国とは国語』、或は水村美苗さんの『日本語が亡びる時』のどれか一冊でも(訊くだけ無駄だと思うけど)読んだ事‥ない‥よね?
フン‥語り合う回路もないわけだ。

昔、東京に来て劇団の研究所に入った時、最初に言われた言葉を思い出します。「演劇人など、言葉でパフォーマンスを行う人間は『その国の言語の番人』なのだ。己の言葉に磨きをかけ続けよ」‥そのつもりでやって来ました。今や『番人』どころか『防波堤』の覚悟が必要ですね。(やるしかないよね‥)

明るい顔になって、話を冒頭に戻します。

座シェイクスピアで『仮名手本忠臣蔵』やります‼️
江戸時代の人々が熱狂し涙した物語、頸(つよ)い、美しい台詞の数々‥民族の言葉は祖国の風の中で語り継がれなければなりませんからね。
全段にテキレジ・構成を施して2時間半くらいにしましょうか。

私は強引に他者を巻き込むつもりはありませんが、「それ、面白そうだな!」とお思いの方、ご一緒にいかがですか?

今年度は2020年3月28日29日の公演(エコー劇場・1日2回)を目指して、基本、月2回(第1・第3土曜日13時〜17時/新宿5丁目・座サロン)のレッスンと本番前の集中稽古(於・池袋みらい館大明/スケジュール調整可)が行われます。
新年度レッスンスタートは4月6日(土)13時。於・座サロン。
見学歓迎。途中参加も可能です。
2019年04月02日 15:13

NPO法人 演劇倶楽部『座』

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-9-11
アルメリア新宿1F

TEL.03-6431-0377

FAX.03-6431-0378


新宿三丁目駅 C7出口から徒歩約7分