NPO法人 演劇倶楽部『座』

ー日本の美しいことばと姿と音楽とー

HOME ≫ 稽古場日記

ブログ・稽古場日記

東京キモノショー&朗読LIVE

0000550433.jpg
GW・・・
映画をみたり
買い物をしたり
有給なんかつかっちゃったりして旅行したり
家族サービスをしたり
ぼーっとしたり・・・
普段できないような羽の伸ばし方を満喫できましたでしょうか?
GWもお仕事だった戦士のみなさまお疲れさまでした。やりたいことは次のお休みまでお預けですね!

わたしは焼肉がたべたかったです(食べられませんでした)


さてさて


演劇倶楽部『座』のGWは東京キモノショーのステージと朗読LIVE!


去年から参加させて頂いている東京キモノショーですが、今年はさらにパワーアップしてる感じがしました・・・。
着物を中心に和の文化を継承、発展、革新をしよう!というエネルギーがバシバシ伝わってきて、同じ志をもつ我々も胸が熱くなりましたよ・・・ッ!


演劇倶楽部『座』は「和の歳時記」日替わりでpart1とpart2を上演。
林千永先生主宰の和のメソッドとコラボレーションして、

朗読・日舞・殺陣

を交えながら

和歌の世界へお客様をご案内させていただきました!

ふふ


裏話ですが、
会場のスタッフさんに演劇倶楽部『座』がいつもお世話になっている音響さん、照明さん、舞台監督さんがいらっしゃっていて、


あれ・・・、あ、そうか・・・・今日は・・・・座の本公演・・・・・・じゃないじゃないじゃない(じゃない)



でも知っている方々でもあり、間違いの無いプロのお仕事をしてくださる安心感はあって、のびのびとわたしたちは上演することができました!

東京キモノショーさんはスタッフさんにもしっかりお気遣いされているんですね!素晴らしいです!

また来年が楽しみですねっ!


ナイトステージ「日本婦道記」

同会場にて山本周五郎短編集「日本婦道記」より
「松の花」と「墨丸」

を朗読上演しました。


チェロの河田夏実さん
語りに鈴木慎平さん



絶品かよ!

演奏、演技の奥行といったら!

おふたりは次回本公演の「野菊の墓」でもご一緒させていただきます。うはうは~



わたしは日本婦道記の好きな所は、日本女子かくあるべし!とおしつけていないのが良いなあと思っています・・・。
主人公は男性で、あくまで女性を支えようとする、守る側にいなければならないと思っている。しかし、実はその裏で女性は苦労をかみしめながら男性を守っている。黙って、本当に人を愛しているからこそ、自分は献身しつづけて他人に優しくしようとする・・・。それに長いことかかって気づいたとき、男は言葉にならず低頭の思いで、「敵わないなあ」と思う(んだと思います!!!)のですよ・・・。


はあ・・・・


尊い・・・・


我慢が美徳!というと現代ではそのまま通ずることはないと思いますが・・・
でも耐えることを選んだ人柄そのもの、本当に人を想う優しさって美しい。そんな慈しみの尊さに感動できる心はわたしももっていたいと思います。


東京キモノショー関係者の皆様、足をお運び下さったお客様、ありがとうございました!!!
 

コメント

NPO法人 演劇倶楽部『座』

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-9-11
アルメリア新宿1F

TEL.03-6431-0377

FAX.03-6431-0378


新宿三丁目駅 C7出口から徒歩約7分

モバイルサイト

演劇倶楽部『座』モバイルサイトQRコード

演劇倶楽部『座』モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 稽古場日記_演劇倶楽部座
  • Twitter公式アカウント_演劇倶楽部座
  • Twitter座長のつぶやき_演劇倶楽部座
  • facebook公式アカウント_演劇倶楽部座
  • Youtube座チャンネル_演劇倶楽部座